ミラーレス一眼カメラ買取で満足するには業者選びだ! 高価買取 査定に出す前にはこれはやっておくべき

査定に出す前にはこれはやっておくべき

買取もお金をゲットするには、いい方法です。ミラーレス一眼のカメラも高額にもなりやすいです。
とはいえ、ただ査定に出せばいいものではありません。実は出す前には、準備も必要です。ぜひ、それもしっかりと押さえておけば、高額査定も夢ではありません。
———-

あなたは、買取に出したことありますか。せっかく高く買ったのに査定に出したら、思ったよりも安かったなんてことありませんか。
それは、その物が価値が下がっただけでなく、実は準備不足だったからかもしれません。
ミラーレス一眼のカメラでも、査定前にすべきことあるはずです。それを押さえておきましょう。

まずはカメラ本体のチェックから

最初にすることは、カメラに問題ないかです。見た目で本体に傷があったり、凹みがあれば査定は下がります。
また、あらかじめ傷やへこみがあるかも知っておくと、査定に納得できない場合にも対応できます。悪質な業者だと、傷がないのにあるといって下げることがあるからです。特に宅配買取だと、そうしたトラブルもおこりやすいです。きちんと傷や凹みを押さえておくのも必要です。
あと、隅にホコリがあったり、汚れていても査定が下がるので、キレイにしておきましょう。レンズも同じです。

付属品などつけれるものはつけよう

あとは、箱や付属品を準備してください。箱、説明書、保証書があるだけでも、査定が上がります。これらは、買った時から大切に保管しておきましょう。
また、交換のレンズがあればそれもつけてください。ミラーレス一眼の場合、本体は安くても、レンズで高くなるケースもあります。せっかくならば、レンズもつけると査定アップが期待できます。
また、画像保存にはSDカードですが、それも初期化してつければ、査定がアップしそうです。

最後は本体にデータが残っていないかチェックしてから、査定に出します。これらを意識が買取の第一歩です。

関連する記事