ミラーレス一眼カメラ買取で満足するには業者選びだ! 高価買取 保存状態ってどういうところを見ているの?

保存状態ってどういうところを見ているの?

パソコンやスマホ、カメラなどの家電も買取してもらえます。うまくいくとかなりの高額にもなります。
最新モデルが高くなります。さらに、保存状態が必ェックされます。どんな状態だと高くなるのか知っておくと、普段から大切に扱いたくなるでしょう。
———-

家電については買取では、効果になりやすいです。特にカメラは、高額になりやすいです。ミラーレス一眼のカメラもカメラの中でも、さらに高額になりやすい方です。
とはいっても保存状態にも大きく左右されてしまいます。ここでは、どこをチェックしているのかを知って、買取に役立ててみてください。

見た目はキレイな状態なのか?

買取時には、必ず見た目から入ります。買取したカメラは、再び販売することも多く、見た目が悪いと売り物にはなりません。
カメラ本体に傷がついている、いないで査定が変わります。またレンズに傷がないかも重要です。さらに取り付け用のレンズにもないかもチェックされます。
あとモニタです。傷の有無から、また画像がきちんと見えるか、画像が変色していないかなどもチェックされます。
あと触ってみてベトベトしている、凹みがあるなど触ってみての悪いところがあれば、査定ダウンです。

正常に動作するのかチェック

そして、動作です。きちんと写真が撮影できるか、メディアに保存されるかもチェックです。
このときにメニューを操作して、メニュー選択や一つ一つの動作を確認します。何かあらば故障とみなされ、買取不可になるかもしれません。
また、最新機種だとスマホへの通信機能があります。その動作もチェックされます。
あとは、充電ができるかも査定されます。

見た目で問題なく、機能がきちんと動けば、保存状態に問題ないです。
もし動作不備や故障など何かあれば、事前に伝えておいた方がいいです。
保存状態を少しでもあげられれば、査定アップに繋がります。

関連する記事